逆SEOの方法とは

成功する逆SEOの手法

逆SEOには、様々な方法があり、個別のケースごとに、最適な手法を用いる必要があります。ただ、いかなるケースにおいても、何らかの新しいWEBサイト(WEBページ)をつくらなければ、対策を成功させることはできません。つまり、逆SEO対策の方法は、「新しいWEBページによって、誹謗中傷サイトを押し下げる」ことが基本となります。

新規のWEBページでネガティブサイトを後退

「分散サーバー」と「オリジナル・コンテンツ」

逆SEOを成功させるには、WEBサイト制作に加えて、「分散サーバー」と「マルチドメイン運用」も必要になります。さらに、「質の高いオリジナル・コンテンツ」がなければ、逆SEO対策は効果を発揮することができません。

お問い合わせはこちら

逆SEOの方法 その1:サイト制作

WEBサイト(WEBページ)の新規作成

逆SEO対策の方法として欠かせないのが、WEBサイト・WEBページの作成です。既存のWEBサイトだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。

逆SEOならではの制作・構築ノウハウ

逆SEOを目的とするWEBサイト・WEBページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果は期待でいません。このため、逆SEO対策のためのサイトは、当社のような逆SEOの専門会社にお任せいただくのがベストです。

オリジナルのコンテンツが必須

逆SEO対策の手法として不可欠になるのが、優れたコンテンツの確保です。逆SEOを目的にWEBサイトを作ったとしても、中身のないページやブログでは効果はありません。コンテンツの質が高くなければ、逆SEOは失敗します。

中身のある文章

コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。中身のある独自の文章がなければ、Googleなどの検索エンジンから高く評価されません。

オリジナル文章なら順位も安定

SEO効果の高いオリジナル文章で構成されたWEBサイトなら、検索上位に表示されやすくなり、しかも、順位が安定しやすいです。つまり、誹謗中傷サイトの検索順位を押し下げるパワーを持ちやすくなります。

コピペ文章による逆SEOはペナルティ対象

一方、既存のサイトをからコピー(コピペ)したり、中身がないような低品質のコンテンツ(文章や画像)は、安定的に上位表示されるのが難しいです。それどころか、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり、誹謗中傷サイトの順位がかえって上昇する恐れがあります。

ブログやSNSも、コンテンツが重要

WEBサイトだけでなく、逆SEO対策の一環としてブログやSNSを展開する場合でも、コンテンツの質が重要です。Facebookやtwitterも、投稿する文章のクオリティによって、逆SEO効果が大きく変わります。

お問い合わせはこちら

逆SEOの方法 その2:分散型サーバーの運用

多数のドメインとサーバーの運用ノウハウ

逆SEO対策を成功させるためには、多数のドメインやサーバーを運用する必要があります。一つドメイン、一つのサーバーでは、検索順位は一つしか稼げません。つまり、誹謗中傷サイトのランキングを1個しか落とせません。

多数のドメインを用意し、分散されたサーバーで運用することで、誹謗中傷サイトの検索順位を大幅にランクダウンさせることができます。

逆SEO独特のサーバー運用

逆SEO対策では、独特のサーバー運用を行う必要があります。当社のような専門会社であれば、逆SEOに最適なサーバーを用意し、WEBサイトを分散配置します。それによって、逆SEOを成功へと導きます。

お問い合わせはこちら

逆SEOの方法 その3:良質なリンクの確保

逆SEO用の被リンクとは

逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。ポジティブなサイトに対して、他のサイトから質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。それによって、誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。

良質なリンクの条件

逆SEO対策に効果のある「良質なリンク」とは、以下の3つの条件を備えたものです。

(1)リンク先とリンク元のコンテンツに関連性がある

(2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている

(3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている

見られて恥ずかしくないリンク

逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。つまり、会社名で逆SEO対策を行いたいのなら、リンクは社名の上に貼る必要があります。

注意しなければならないのは、「下手なサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがある」ということです。逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があるのです。

お問い合わせはこちら

逆SEOの方法 その4:サイトの更新

効果を持続させる逆SEOの方法

逆SEO対策でせっかくサイトをつくっても、内容を更新しなければ、順位が下落してしまいます。定期的にコンテンツを追加することで、検索順位をさらに上げることができます。

お問い合わせはこちら

逆SEOの方法 その5:マルチドメイン運用

「ドメイン」の活用が誹謗中傷対策のカギ

法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が大きなカギを握ります。多数のドメインを有効活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。

「ホームページのドメインが1個だけ」は時代遅れ

企業が誹謗中傷リスクにさらされている今日、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は、絶対に避けたいところです。ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位を簡単に許してしまうことになります。

マルチドメインSEOは、「WEB広報」へ依頼

1個のドメインに100ページ作るのは、資源の無駄遣い

1個のドメインに100ページ以上にわたるオリジナル・コンテンツを集約させるのは、経営資源の無駄遣いです。複数ドメインに分散させることで、逆SEOのみならずSEO対策でも効果を高めることができます。ドメイン分散については、専門会社のWEB広報にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

WEB広報だからできる独自の逆SEO対策

実績で裏付けられた逆SEO対策の手法

WEB広報では、独自のノウハウと技術で、効果の高い逆SEO対策を行います。当社の逆SEOの手法は、その多くが企業秘密であるため、サイト上では公開できません。お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら