逆SEOの費用と相場

逆SEOの費用は、順位を下げたいサイトにおいて、氏名や会社名がどのような扱いになっているかによって、 金額が大きく異なります。また、サイトがどれだけ強力かという点も、費用を決めるうえで大事な要素です。

<事案ごとの費用の例>
対策キーワード 費用の目安
マイナーなブログの記事の中に、個人名が入っている場合。(記事のタイトル等には名前は入っていない) 月3万円~
自己破産や判例などのサイトの名前一覧に、名前が載っている場合(同一ページの中に多数の名前が掲載されており、その一つに過ぎないという状況) 月3万円~
※サイトの知名度などによります。
2ちゃんなどの掲示板のレスに、名前が1,2件載っている場合。(スレッドタイトルや1件目のレスには名前が入っていない。 月3万円~(税込)
マスコミの事件報道のニュース記事が、弱小ブログにコピーされた。 その記事の中に、複数の名前が載っている。 記事の題名(ページタイトル)には名前は入っていない。 月3万円~(税込)
労働組合のサイトで、社長が誹謗中傷や糾弾を受けた。 月8万円~(税込)
逮捕事件の報道内容が、ツイッター等で拡散してしまった。 記事は拡散したが、画像は拡散しなかった。 不起訴だった。 報道から1年以上経っている。 月5万円~(税込)
逮捕事件が大手マスコミで報道され、記事だけでなく画像(顔写真や連行写真)が拡散した。 報道から2,3か月しか経っていない。 月10万円~(税込)
情報商材等の運営者を片っ端から詐欺師として吊るし上げるサイトの被害にあった。 記事のタイトルに名前が入っている。 また、情報商材の内容についても、詳しく書かれているような場合。 月7万円~(税込)
地方のタブロイドや団体機関紙のサイトで、 名前つきで中傷された。 月5万円~(税込)
10年前の事件の記事が残っている。 「名前+職業」で検索すると出てくる。 月8万円~(税込)
※対策キーワードが、「名前+職業」「名前+会社名」など、 個人が特定されるような複数ワードの組み合わせとなる場合は、 最低でも8万円かかる場合が多いです。
特定の業界の会社を片っ端から「悪徳」「詐欺」などと名指しで非難する専門ブログサイトがあり、 そこで詳しく記事を書かれた。 1つのページを丸ごと自社について費やされている。 月10万円~(税込)
役所(国や都道府県)の公式ホームページに、 過去の処分と個人名が載っている場合。 月8万円~(税込)
ツイッターで誹謗中傷された。 ツイッターは1個だけ。 ツイートも1件だけ。 月3万円~(税込)
ストーカーのような人物に、 個人名を2chに晒された。 学生なのであまりお金(予算)がない。 月3万円~(税込)
WEBやSEOに詳しいような人物に恨みを持たれ、 独自で作成したブログで誹謗中傷キャンペーンを展開されている場合 月6万円~(税込)
お客さんと契約に関してトラブルになり、 誹謗中傷を受けた。 会社名と社長の個人名の両方で逆SEOを実施したい。 月8万円~(税込)
会社名+評判で検索すると、 「転職会議」(jobtalk.jp)が検索の1位になっている。 この転職会議の中に、会社の悪口が書かれているため、 順位を下げたい。 月15万円~(税込)
中学・高校時代のTwitterが検索上位に出てくる。 就職活動の妨げになりそうだ。 アカウント情報(ID、メルアド、パスワード)を忘れて、 自分で削除・閉鎖することができない。 ニックネームを自分の実名(フルネーム)にしていたため、とても目立つ。 月3万8000円~(税込)
過去にテレビ番組に出演したときに、2ちゃんねるの嘲笑ネタにされた。コピーサイトやまとめサイトにも拡散した。名前で検索すると出てくるので、順位を下げたい。 月4万円~(税込)
テレビの事件報道のキャプチャ画像が、 Twitter(ツイッター)や2chで拡散した。 画像検索での順位を下げたい。 月8万円~(税込)
判決文や判決に関する報道の検索順位を下げたい。 月4万円~(税込)
2ch(5ch)のスレッドの1件目に、過去の事件報道が掲載されており、 スレッドタイトルに自分の名前が入っている。 スレッドには、100件以上のレス投稿がある 月7万円~(税込)
自分の不用意な発言が原因で、 ヘイターという誤解を受けた。 大勢の人たちから攻撃を受け、 顔写真とともに拡散・炎上した。 自分はレイシスト(差別主義者)などではなく、その旨を釈明したが、誤解を解くことができなかった。 Twitter検索をすると、多数の中傷ツイートが存在している。 月8万円~(税込)
美容整形外科のホームページに勝手に画像を載せられた。 画像検索をすると、一番上に出てくる。 月7万円~(税込)

会社名で月7~10万円以上

逆SEO対策サービスの料金の相場は、企業名での対策で月額7万~10万円くらいです。簡単な案件なら月額5万円くらいです。最短で1か月で対策(契約)が終了します。

「月額10万円、3,4か月で終了」というパターン

企業向けの逆SEO対策で最も多いパターンが、月額10万円くらいの料金で、3か月で対策が完了するというものです。この場合、初期費用がなければ、費用の総額は30万円になります。

個人名検索は割安

逆SEO対策のうち、個人名検索が対象の場合は、料金が割安になります。簡単なケースだと、月額5万円でサービスが受けられます。しかも、1か月で対策が完了することが多いです。この場合、費用の総額は5万円になります。当社の場合、個人名検索の逆SEO対策は、月額3万円から承っています。最短1か月で誹謗中傷サイトの検索順位が下位で安定し、対策が完了します。

お問い合わせはこちら

成果報酬は「初期費用なし」が原則

逆SEO対策サービスの中には、成果報酬プランというのもあります。これは、ネガティブなサイト(誹謗中傷サイト)の順位が下がったときに初めて費用が発生するという料金体系です。成果報酬なので、結果が出るまでは、費用が発生しません。

初期費用「ゼロ」がオススメ

逆SEO対策サービスの成果報酬型のプランのうち、初期費用が発生するというタイプもありますが、これは、正確には成果報酬とは言えません。

お問い合わせはこちら